キャッシングサービスに関しての引き落し内容は、金融機関の経営方針如何で随分違いというものがあり多様な手法が取り入れられております。一般的なところではスライド法やリボ払方法が選択されているようです。斯様な多くの人がわかっているリボルディング払いですけれども、実のところ計算手法におおくの種類というものがあるのです。そうしてさよう方法によって引き落し総額が異なってしまうので、知ることで負担になることはないはずです。じゃあやさしくこの2つのメソッドのギャップに関して説明しましょう。一つ目は元金均等払いで、次は元利均等払いです。それぞれ読んで字のごとく、元金について均一に支払っていくのと元金と利子に関して一緒にして均等に払っていくという形式になります。この場ではたとえば10万円をキャッシングしたとして、実際のところどんなような算定をするかみてみましょう。利率をどちらも15%と設定して試算します。更にまたリボルディング払に関する支払いは1万円として計算します。はじめに元金均等払いのほうからです。斯うした場合の初回の支払は1万円に対して利子分1250円を計上した返済額になります。次の引き落しについては1万円に利息の1125円を加算した支払額となります。こういったようにして全部で10回で支払いを済ませるという形式です。一方、元利均等払いは最初の支払は1万円でそこから元本に8750円利息に1250円といった感じで分配するのです。その次の引き落しは元金が8750円に減少した状態で金利を算出しその1万円からまた割り振ります。すなわち、元利均等払いの事例では10回で支払が終了しないという勘定になってしまいます。これだけのへだたりで両方がどれぐらい変わっているかたっぷり分かって頂けたと思います。元利均等というものは元金均等と比較して、明らかに元本が減少するのが緩やかといった難点というものがあります。要するに利息を多く出すというようなことになるのです。反面、1回の支払いが小さな額で済んでしまったというようなプラスというものも存在したりするのです。こういった支払手法のずれにより支払い額というのが変わってきたりしますのでご自分の好みに合致する使い方をするようにしましょう。